家族がPCR検査を受けることになった時!?

子育て
SNSフォローボタン
ママだんごをフォローする

こんにちは。

久しぶりの投稿になってしまいました。

おだんご3きょうだいの毎日 ママだんごです。

先日、ベビだんごが発熱のため、病院にいったところ、PCR検査を受けることになってしまいました。

今回は、その時の様子をご紹介したいと思います。

PCR検査を受けることになった経緯

ベビだんごは、火曜日の夜に38.5℃の発熱。

機嫌もよく元気だったけど、念のため、解熱用の坐薬を使ってから、就寝。

夜泣きもなく、朝まで寝てくれたけど、朝38.6℃もあったため、病院を受診することに。

病院の窓口に行く前に、電話にて、関東を拠点に東北地方にも出張に行っているパパだんごが日曜日まで帰ってきていたことを伝えました。

夏に、同じ状況で病院を受診した際に、パパだんごの出張の話をせずに後からひやっとした経験から事前に伝えるようにしています。その時の様子はこちら↓↓↓

ベビだんごの急な発熱!ワンオペ育児でどう対応する?!
1歳のベビだんごの急な高熱で、ワンオペ育児最大の危機!病院に行く?坐薬使う?兄妹の習い事どうする?!

パパだんごとの接触の話から、車で待つようにとの指示があり、1時間待った結果、コロナ感染の可能性があるからということで診察はなくPCR検査の受診用封筒をもらい、帰宅しました。

その後、指定された時間にPCR用検体採取場へ検査を受けに行きました。

PCR検査の様子

ベビだんごが検査をしに行った場所は、ドライブスルー形式になっていました。

入り口に警備員が配置され、名前を確認後、広い駐車場の中にポツンと建てられた仮説の小屋まで車で乗り付けて検査を行いました。

ベビだんごはチャイルドシートに乗ったまま、医師が車の外から長い綿棒を鼻にいれて検体を採取していました。

検体採取はすぐに終了。

時間指定の予約制になっているようで、他の車とすれ違うこともなかったです。

検査結果は翌日の15時以降に最初に受診した小児科から連絡が来るということでした。

待ち長い・・・

PCR検査を受けた感想

PCR検査を受けることが決まった時、頭が真っ白になりました。

感染していたらどうしよう?!検査を受ける場合、小学校等への連絡は必要なの?

あと、何かしないといけないことある?誰と濃厚接触した?!…って。

これまで身近な人が検査を受けたことがないため、他人事のような感じがあったのです。

とりあえず落ち着いて・・・まず、パパだんごに連絡。

それから、家に帰って、小学校のお知らせを確認。

家族が検査する段階では連絡は不要でした。

兄だんごと妹だんごには、結果が出るまではPCR検査を受けたことは内緒にしました。

小学校で変な噂になってしまうと困るので…

逆に、今回、気を付けていてよかったこともありました。

発熱時の最初の受診の際に、感染の可能性が少しでもあったので、ちゃんとそのことを伝えました。

自己判断で、大丈夫だろうと思って普段通りに受診して、本当は感染していた場合に取り返しがつかないかもしれません。

ベビだんごは、翌日には熱も下がり元気になっていましたが、結果の電話が来るまで、家族以外との接触は避けて生活をしていました。

今回、ベビだんごは「陰性」でしたが、もし、「陽性」だった場合、何をしないといけないのか、考えさせられる出来事でした。

感染拡大を防ぐためにも、みんなが正しい知識を持って行動することが必要だと感じました。

まとめ

withコロナ」の時代。

コロナ禍の暗いトンネルを早く抜けるためにも、みんなが当事者意識をもって、感染拡大を予防しながら、日常生活を送れるように気を付けていかなければいけません。

暗いニュースばかりですが、皆さんが少しでもしいことを見つけて元気に過ごせますように!

タイトルとURLをコピーしました